語彙力がない

あいを つなぐ せんりつ

終わってしまった秋を想う


Love-tune Live 2017 in Zepp Diver City
あんなに楽しくて、幸せで、泣いて泣いて泣いて、終わってしまうのが寂しいと思った現場は初めてでした。

 


記憶が残っているうちにセトリ順に振り返ります。

 


1.CALL
幕が開いて、そこに「Love-tune」のネオンサインが光っていて、いよいよ始まったぞ、とそう思った瞬間、耳に慣れたイントロが聴こえてきた。1発目からアクセル全開のLove-tuneさんとわたしたち。最高の滑り出し。

 

2.Finally over
これもゴリゴリのバンド曲。少クラでA.B.C-Zさんのバックバンドとして出演した時は、恐らく技量が足りずメンバーにいなかった長妻くんが、ここまで弾けるようになっていることに感動する。ひたすらに加速し続ける会場の空気。留まることを知らない熱気。

 

3.T.W.L
諸星くんから安井さん、そして公共の電波に乗せた事前連絡網のおかげでみんな予習はばっちり。調子どうよ?どーもこーもないよ!C&Rが成功したときのメンバーの顔ったら!楽しいよね!わたしたちも楽しいよ!

 

4.自分のために
みんな!右手をあげてくれ!のかけ声で始まるこの1曲。安井さんが「生まれた意味はここにある!」って言ったのめちゃくちゃに好きだったし、萩谷くんの落ちサビは「目の前を遮る壁は お前らぁ!自分の力で越えてゆけぇぇぇぇぇ!」だったのどう考えても萩谷くんだった。好き。

 

5.烈火
アイランドの映像がモニターに映し出されて、会場の全オタクがモニターに釘付けになる。あの映像はいくらで買えますか? モニターに“烈火“という文字が浮き上がってきたと思ったら、楽器を置いたメンバーが登場。
安井さんを中心にして、周りを囲むメンバーが「Get it! Get Dream! Get it! Get it now!」って歌ってるのかっこいい。ウィスパーボイス最強。ここの真田くんの口の動きが好きでした。
「誤魔化してビビってんじゃねえ」「悔しいのに笑ってんじゃねえ」「つまづいて日和ってんじゃねえ」「正しいのに黙ってんじゃねえ」 Love-tuneだなあ。さすがにここまで攻めの姿勢でこられると、あまりのかっこよさにひれ伏すしかなかった。狂っているんだ!の真田くんの目は日を追うごとに狂っていっていたような気がする。お芝居の目。このパートを歌わせてくれてありがとう。

 

 

6.PSYCHO
烈火からの流れが至高すぎた。クリエのときも言ったけれど、「誰しもが秘めた野獣〜」のところ真田くんに歌わせてくれた人誰ですか?ドラム台の階段に座って指クイッてする真田くんも天才ですか?あれはもうPSYCHOの帝王だった。

 

7.Otherside
もう何度も披露しているこの曲。真田くんのギターでの煽りから始まるのはもう恒例になっているけれど、初日では、ギターをいつも通りかき鳴らしたあとに「Zeppだよ?」のひと言。しびれた。静かな水面に波紋が広がっていくような。真田くんの声だけが凛と響いた、あの瞬間。かっこよかったな。ずるいな。みんなでハンドサインやるのも好き。

 

8.君だけに
テレビ誌で言っていた“大先輩の曲“とはこのことか。これを選んでくるのか。
イントロは諸星くんのサックスソロ。いつも使っているアルトサックスではなくテナーサックスだったよ、ね?ちょっと自分の目と記憶力に自信が無いけど。テナーになったことによって音の幅が広がって、伸びもよくなったような気がする。2日目と3日目は出だしの音を失敗してしまったけれど、少し割れ気味の音が、よりサックスらしさを引き出していてわたしは好きでした。そのあとのコーラスも諸星くん。諸星くんの声ってとても柔らかくてあったかくて、わたしは、はちみつレモンみたいな声だなって思っているんだけれど、耳に馴染むんだよね。聞き心地がいい。長妻くんもキーボードがんばってたなあ。2人とも楽器を始めてまだ間もないんだもんなあ。すごいね。

 

9.Heavenly Psycho
わたしが勝手に、Love-tuneの始まりの歌だと思っている曲。イントロが聞こえた瞬間、涙が止まらなくなった。優しくて穏やかな表情の裏には辛さや苦しさが透けて見えて、わたしが大好きな真田くんでした。この曲を、このタイミングで、7人で披露したのも、ある種の“覚悟と気合い“だったのかな、と思います。

 

10.GREATEST JOURNEY
Heavenly Psychoでボロボロに泣かされたあとにタオルを回すの辛かった。でも泣きながらぶんぶん回してた。だって、メンバーみんなタオルが回ってる会場を嬉しそうに見ているから。そんなの見ちゃったら回すしかないじゃん。そんな風に思わせてくれるLove-tuneさんずるいな、とも思う。

 

11.NO WAY OUT
なんだかすっかりお馴染みになってしまったね。顕嵐くんが喋り始めた瞬間に、ペンライトを置き始める飼い慣らされたオタクたち。この曲のときはステージが青く光るのがとっても好き。うしろから見てると、ファンのみんなの手が、青の照明の中に照らされて、浮き上がって見えるんだよ。とっても綺麗だなあと思う。ステージの上から見たらどんな風に見えるんだろう。真田くんではないけど、メンバーにもうしろからの景色を見てもらいたいなあと思う。資料映像で見れるのか?

 

12.君と…Milky way
もうこれは、これはさ、何も言えない。ただただ綺麗だった。萩谷くんの艶のあるお声がぴったりだったなあと思った。

 

13.& say
さなみゅありがとう……(遺言)
真田くんの直線的な踊りと、美勇人くんの曲線的な踊り。正反対のように見えて、ふたりで踊るとしっくりきてしまうから不思議。ストリートっぽいお衣装もとてもかわいかった。

 

14.Will Be All Right
「頑張ってる君の目が世界中に輝いて」って歌詞が最高に似合うふたり。TBSさんの多大なるご尽力のおかげでできあがったであろう映像。そして最後には7人で横一列に並んで歌うその姿。それにしても、やはり、こういう曲を歌わせると途端に青春ぽくなるLove-tuneが好きだし、そんな雰囲気がLove-tuneさんはとても似合うな。

 

15.前向きスクリーム!
夏に引き続きバルーンを使っての演出。会場を巻き込んで盛り上げてくれるのが嬉しい。ファンをここまで信頼してくれるのも嬉しい。真田くんがバルーンをこちら側に渡すときに、足で蹴るんだけれど、必ず力加減を間違えて上に行きすぎてしまうのがかわいかった。
前向き前向き!ハイハイハイハイ!ソレソレソレソレ!かけ声もとんでもなく楽しかった。

 


前向きスクリームで暑くなってしまった会場内。「よ〜し、エアコンつけよ。ポチッ」という真田くんのセリフから、会場内は一転して氷漬けになってしまう。そこで萩谷くんの登場。拳で氷を割ろうとしたけれどできず、ドラムを使っても割れず。そこで思いついたのが「みんなに名前を呼んでもらえば割れるかもしれない!」それだけでもかわいいのに、「いつもは萩谷くんとか萩ちゃん、だから今回は慧悟がいいなー」とくるもんだから、あまりのかわいさに崩れ落ちそうになった。し、照れた。会場内からひたすらにオタクの“かわいい……“の声が漏れ聞こえるコーナーでした。

 


16.SHE SAID...
先のコーナーから続いて、萩谷くんのドラムソロがあって、この曲が始まる。会場内の雰囲気が一気にヒリついたあの瞬間が好きだったなあ。瞬きさえも許されないような、あの空間。緊張しすぎてこの曲の記憶があまりない。

 

17.ONE DROP
この曲も記憶がない。イントロが始まった瞬間の会場内の悲鳴だけがやけに記憶に残っている。SHE SAID...からONE DROPにかけてのフォーメーションが強そうで好きだった。

 

18.象
SHE SAID... ONE DROPと続き、会場のボルテージは最高潮。怒涛の勢いでそのまま象になだれ込む。これはほんとうに、ほんとうにやばかった。イントロが聞こえた瞬間、みんなの悲鳴で会場が割れた。みんなやってほしいって言ってたもんね。わたしも大好きなこの曲。どこか苦しくて、切実で、こちらに剥き身で切りかかってくるようで。
でもね、「10年後またここで会おうよ」「そんときは今よりずっと笑っていよう」「傷跡隠して微笑む、君の優しさを知ってるよ」「産まれてくれてありがとう」「独りきりじゃないよ」あんなにロックな曲に、こんなにも暖かい言葉が散りばめられている。Love-tuneからLove-tuneに向けて、そしてわたしたちに向けて歌われたこの歌は、やっぱりどこか苦しくて、切実で、そしてとても力強い歌だった。その手で掴み取れ!幸せがある!と叫ぶように歌った彼らは、誰よりもかっこよかった。イントロをお立ち台の上で弾いていた真田くんの目はそれこそ、狂っていたよ。

 

19.This is Love Song
夏から安井さんがわたし達に向かって言ってくれる「俺たちの音と、みんなの愛でLove-tune」って言葉が大好きで。「たくさんの愛を僕たちはもらっているから、そのお返しを少しでもできたらいいな、と思って」なんて言って披露されたのが、この曲だった。しっとり聴かせるバラードが始まったと思いきや、2番になるとみんなが楽器を置いて、踊り出すの。気づいたらキラキラポップチューンになってるの。まさしくLove-tuneの曲だな、と思った。バンドもダンスも、そしてやっぱりアイドルらしさも忘れない彼らにしかできない曲。新曲ってだけで嬉しくて、ファンのみんながボロボロ泣いていて、そこに畳み掛けるように「babybaby泣かないで 君の笑顔 僕の笑顔」って歌ってくれるの、ずるすぎるよなあみんな!? そうだー!(号泣)
あまりにも幸せすぎる曲。きっとこの曲は、これからもずっとずっと大切な曲になる。

 


ここで本編はおわり。This is Love Songを歌い終わって、そのままインストが流れ続けて、それをBGMにしながら最後の挨拶をするのがほんとうに好きだったんだ。あれは、まさしく単独ライブだった。

 

 


Love-tune! パンパン! Love-tune! パンパン!

アンコールを求める声が大きくなってきたところで、夏に大活躍したビートくんの登場。今回はハロウィン仕様。
「10月の大切なイベント」であるハロウィンを忘れていたお仕置きとして、ドラキュラにされてしまうメンバーたち。「人間に戻りたければ会場の人たちを盛り上げろー!」というビートくんのセリフ(ニュアンス)とともに聴こえてきたのは、Dye D?のイントロでした。

 


EC1.Dye D?
イントロが聴こえてきた瞬間、みんなの悲鳴で会場が割れた(2回目)。チキブンブンするメンバーの中心で歌う真田くんがめちゃくちゃにかっこよかった。衣装もあいまって、いつもよりも2次元的な彼ら。どこか芝居じみたような演出もLove-tuneらしい。

 

EC2.MU-CHU-DE 恋してる
先ほどの色っぽさから一転、そこにいたのはキラキラをまとったアイドルたちだった。
ハートをつくるときに、お隣同士の真田くんと長妻くんが、顔を見合わせて笑ったあの瞬間、世界は平和になったと思った。かわいい。

 

EC3.言葉より大切なもの
「疑うことなく旅する雲が素晴らしい今日も」クリエではなかなか揃わなかったこの歌詞。Zeppでは、大きなスクリーンに歌詞を出していてくれたから、みんなで歌えたね。「あなたよりも大きな愛はどこにもないんだよ」でわたしたちのことを指差してくれる安井くんの顔が、まあ優しくて優しくて…… 泣かせないでって思いながら、ボロボロ泣いていた。

 


WEC.CALL(最終日のみ)
1日に1度しか打てないはずの破壊光線。
ステージと客席のエネルギーのぶつかり合い。あまりにも激しかった。叫んで叫んで叫んだから、もう記憶が本当にないんだ。すごかったなあ。真田くんと美勇人くんが、おでこを突き合わせて、そのままぐるんと背中合わせになって、体重をかけ合いながら楽器をかき鳴らすのがあまりにもかっこよすぎて、視界がちかちかした。

 

 

さて、ここからはMCや全体を通しての雑感。思ったよりも長くなってしまって、自分でも驚いている(笑)

 

わたしがこのライブを通して何よりも感じたのは、たくさんの人のLove-tuneに対するおおきな愛。
幕が開いて、そこに光っていた「Love-tune」のネオンサインも、彼らをきらきら照らしてくれる照明も、ステージ上に構えられたセットも、どれもこれもLove-tuneのためだけにつくられたもので、彼らのために、たくさんの方々が動いてくれている、ただそれだけでどうしようもなく嬉しかった。
ライブ初日に発売されたテレビ誌では「ゼロから関わらせてもらえた」と発言があったけれど、単独公演ってそこまでやらせてもらえるんだね。本当にすごい。デビュー組でもなかなかそこまでは関われないんじゃないのかな。こだわり屋さんが多いLove-tuneだからこそ、その道のプロフェッショナルの方と密に連携をとって、ひとつのものを作り上げたその経験は、確実に彼らの糧となって、彼らを更に成長させてくれるのではないかと、そう思いました。

 

グッズだってそう。メンバー内にカリスマデザイナーMyuto Moritaさんがいることは確かに武器かもしれないけれど、まさか本当にグッズデザインに関わっているなんて、思いもしなかった。

公演内MCで、「どうしても裾にビートくんのタグをつけたかったから、予算の関係で首元のタグがなくなっちゃった!」なんて言っていた。そんなところまで関わっていたんだね。デザインを書いて、渡して、よろしくお願いします、で終わりじゃないんだよ。本当に彼らがわたしたちのために、いろいろ考えて作ってくれたグッズなんだよ。それが手に入らなかったファンがたくさんいるのがとても悲しいので、再販をお願いします。何卒。

T.W.Lでメンバーの名前をコールする時に、みゅーと!カリスマ!デザイナー!Tシャツ!完売!ありがとうー!って言ったときの美勇人さんの顔がとっても嬉しそうで、こちらまで嬉しくなった。こちらこそありがとうだよ。素敵なグッズをありがとう。一種類だけなら、といってTシャツを(しかもちゃっかり2色展開で)作らせてくれたスタッフさんにも感謝。

 

そして、3日間通して、周囲の方々への感謝の気持ちを口にする回数がすごく多かったように思う。
どういうきっかけでZeppでの単独公演が決まったのかは、やはりわからないけれど、きっとたくさんのプレッシャーがあったと思うんだ。頭を下げたことだってあったんじゃないのかなあ。せっかくやらせてもらえるんだ。成功させなきゃ。成功させろよ。なんて、ね。

 

また、色々な先輩が、彼らのステージを見にきてくれました。嬉しかったなあ。先輩方の目に、Love-tuneはどういう風に映ったんだろうか。そこでできた繋がりが、また新たな彼らのステップになったらいいな。
山口くんが「Love-tuneのファンいいね!」って褒めてくださったときに、真田くんが「誇りです!」って言い切ってくれたのが嬉しかった。
丸山くんが来てくれた、と知ったときのメンバーのお顔が本当にとっても嬉しそうで、きらきらしていたのもよく覚えている。それにしても、リハ場のホワイトボードにメッセージを残してくれたり、仕事終わり、そして翌朝も生放送のお仕事があるにも関わらず、ライブを見に来てくれたりする丸山くんは、優しくて優しい先輩すぎるな。

 

 

ここまで、Love-tuneさんに対するたくさんの愛を感じた、と話をしてきたけれど、わたしたちもまた、たくさんの愛をLove-tuneさんからいただいた3日間だった。

 

セトリや構成を組むにあたって、わたしたちのこともたくさん考えてくれたんだろうなって思った。話の流れを全く覚えていないのだけれど、安井さんがわたしたちにむかって、「もっと踊ってよ〜とかさ、へへへ」って言ったときに、ああもうダメだ。と思った。あんなのずるすぎる。あんなに不安そうな顔で、それを隠すように笑うなんて。そうだよね、不安だよね。安井さんはやっぱりとても賢い人だから、わたしたちが求めているものをしっかりと見ている。だからこそ「あまり踊らない」という選択をしたことにとても不安を感じていたんだろうなあ。蓋を開けてみたらだいぶ踊ってたけどね!?あれで踊ってないって、本来ならどれだけ踊るつもりだったんだろうか……

 

Love-tuneさんたちは、わたしたちファンのことをとても大切にしてくれている。それは、なんとなく、アイドルとファンという関係性ではなく、いわば同士のような。
夏は「俺たちとみんなで?Love-tune!」っていう煽りがあまりしっくりきていなくて、A.B.C-Zさんの真似っ子かな?くらいに思っていたんだ。正直なところ。Love-tuneは「見せない」グループであってほしかったし、A.B.C-Zさんとファンのような近い距離感のものを求めてはいなかったから。確かに今も彼らは見せないグループでいてくれようとしているのだと思う。Love-tuneの頭脳である安井さんが「アイドルはいろんなものを見せないものである」というポリシーを掲げているわけであるし。

「ジャニーズJrが単独でライブをやらせてもらえるって、ありがたいことなんだよ」って話をしていたときだったか、安井さんが、俺たちもがんばって、って言いかけたときに「いや、がんばってない、アイドルだから」って言った、そのアイドル魂がやはりとても好きだなあ、と思いました。 「アイドルとはこういうもの」っていう確固たるポリシーを持っているその姿はあまりにもかっこいい。そんな安井さんがいるからこそ、やっぱりLove-tuneはアイドルでいられるんだろうなあと思う。

最終日のMCであばれる君の名前が出たときに、諸星くんがあばれる君の顔真似をしていて。それを見たメンバーが口々に「アイドルなんでこれ以上は」「お前捨て身すぎるから!」なんて、ストップをかけてくれるのが嬉しいなあと思った。そういうところまで安井さんのポリシーが息づいている。確かに諸星くんはお笑い担当なのかもしれないけれど、ただ“笑われるためだけの人“になってしまうのは、やはり寂しい。だって諸星くん、あんなにかっこいいのに。

 

少し話がずれてしまったけれど、今回のライブで「俺たちとみんなで?Love-tune!」の煽りがどうしてか、ストンと腑に落ちたような気がした。Love-tuneはわたしたちと一緒に、未来を歩もうとしてくれてるのかな、と思ったよ。

 


そして最後の最後「俺たちは絶対に諦めないから」といった安井さん。あまりにも頼もしかった。
今までの「一応」とか「夢」とかで飾り付けされたことばたちとは圧倒的に重みが違った。
彼らが彼らであることを諦めない限り、わたしも7人のLove-tuneを諦めたくないと思いました。


きっと、きっと、彼らはこれからたくさんのものと闘っていくのだろうと思います。それはわたしたちには到底計り知れないものたちであろうけれど、その闘いの原動力でありたい、そうして、彼らの未来の中にわたしたちファンの姿があるといいな。

 


最後に改めて、Love-tune Live 2017 3日間お疲れ様でした。たくさんの幸せをありがとう。

 

 

 

今は未来に向かう 道の途中だ
泪にさえも戸惑うことなく 願いを歌う

 

 

 

彼らの未来が少しでも、明るいものでありますように。