語彙力がない

あいを つなぐ せんりつ

あいをこめて。

 

1日遅れてしまったけれど。 

Love-tuneさん、1歳のお誕生日おめでとう

ほんとうは書きたいことがたくさんある。

たくさんあるんだけど、結局行き着く先は「今のLove-tuneがすき」なんだよ。

ここまでくるのにいろいろあった。

それでも、7人が今まで居た場所から手を離してまで、ここに集まってくれてよかった。と、そう思います。

 

わたしは、Love-tuneのまるっと家族みたいなところが好きで、メンバーがメンバーのことを大切に思っているんだろうなっていうのが、そこかしこに見える7人の雰囲気が好き。

誰かが悩んでいたら、みんなでどうにかしようとする。あったかいグループなんだよ。

 

そんでもって、Love-tuneのメンバーって、Love-tuneに対する想いがとても重いイメージがあって。なんというか、“ユニット”というものに対する執着が人一倍あると思うんだよ。まあそれは、最年長である安井さんが初めて所属するユニットである、というのも一因だとは思うのだけれど。

例えばメンバーがよく口にする「東京ドームで単独コンサート」ということばであったり、萩谷くんがLove-tuneのことを「うちのチーム」って表現するところであったり、真田くんが熱いメッセージや、作った曲の弾き語り動画をメンバーに送っていたりするところであったり。メンバーひとりひとりがLove-tuneのことを考えて、Love-tuneとともに未来を歩もうとしてくれている。私たちファンにとって、これほどまでに心強いことはないと思います。

先述した、“メンバーの悩みはグループのみんなでどうにかしようとする”という話にも通じるけれど、彼らの中に“7人でLove-tune”という意識が強く根付いているのがとても嬉しい。

ジャニーズ銀座のMCでも“青春”ということばをよく口にしていたけれど、これが彼らにとっての“青春”なんだろうな、と思う。Love-tuneとして活動ができるのが、ひたすらに嬉しいんだろうな。わたしもLove-tuneのファンをさせてもらえている今が、とっても幸せだよ。

 

 

それと、絶対的におかしいのが彼らの成長のスピード。この間の少年倶楽部でのCALLの再演のときも思ったけれど、「え、この短期間でここまで仕上げてくるの?」みたいな。

焦っているともとれるような、その成長速度。「これを逃したら次はないぞ」 そんな風にも見えるけれど、それもきっと彼らの魅力。

そのヒリヒリした焦燥感を、キラキラアイドルの彼らの中にひっそりと忍ばせて、ここぞというときに私たちの心をそのナイフで切りつけてくるの。ずるいね。かっこいいね。

 

 

“成長”といえば1番はやっぱり楽器なのかな、と思います。歌も踊りも魅せ方も、1年前と比べると格段にパワーアップしているのだけれど、Love-tuneLove-tuneたる所以はやっぱりバンドであると思っているので。

 

音楽隊長の萩谷くんを先頭にして、それぞれがそれぞれの方法で努力をしている。

いろんな人が 諸星くんがサックスの練習をすごく頑張っているよ って話をしてくれたり、美勇人さんは5弦ベースのお披露目までしてしまったり、真田くんはギター背負ってセッションバーに行って武者修行をしていたり、長妻くんは楽譜も読めなかったのに、ステージの上でちゃんと1曲を弾ききれるようになったね。安井さんも顕嵐くんもたくさんギターの練習をしたのだと思う。

メンバー全員が楽器を持って演奏した新曲「Make it」は、ほんとうに素敵な曲でした。

私たちの「キラキラ舞い散る幾千もの願い」とLove-tuneの「光」が繋がったら、きっと世界は変わるよ。始まりのステージに立つ日はきっとくるよ。

 

 

あのね、こんなに自慢したくなるグループないと思うんだ。ねえ知ってる?Love-tuneってこんなにアツくてかっこいいんだよ?わたしこんなにかっこいい人たちの担当をしているんだよっていろんな人に自慢したい。いろんな人に彼らの魅力を知ってほしい。それくらいに彼らは魅力的だとおもう。

 

 

シアタークリエで諸星先生にかけられた「もっともーっとLove-tuneのことが好きになる魔法」

この魔法の解き方はまだわかっていないみたいだけれど、そんなものいらないよ。

だってわたしはたぶん、これからもずっと、Love-tuneのことが大好きだから。

 

改めて、1周年おめでとう。

2周年、5周年、10周年ってこれからもお祝いできたらいいな。そして願わくば、また新しいお祝いの日ができますように。

 

we can make it whole new world.

Love-tuneなら今まで見たことない世界を、景色を見せてくれると、信じています。

 

7人の居場所が、いつまでもここであることを願って。大好きです。