語彙力がない

あいを つなぐ せんりつ

A.B.C-Zのコンサートに行って、色々感じて考えた話。

 

今年の夏、初めてA.B.C-Zさんの現場に行ってきました。

A.B.C-Z 5stars 5years Tour 横浜アリーナ公演

本当に今更だけれど、やっぱり文字として残しておきたかったので、感想をぽつぽつと。

 

ひとことでまとめると、うらやましいなあと思った。

A.B.C-Zとファンの間にある、揺らがない信頼関係。

ファンを絶対に置いてけぼりにしないコンサートが、そこにはありました。

 

まず1つは、彼らがファンにかける言葉が優しすぎるということ。

みんな大好き!かわいいね!こんなに団結力があるのA.B.C-Zのファンだけだと思う 等々...

そんなに褒めてくれるならこっちだって頑張っちゃうよ!?ってなる...ほんとに...

こんなに彼らが優しくてあったかいのは、ファンの皆様もたくさん声を出して、彼らを認めて受け止めているからなんだろうなあ。まさにLOVE合戦だなあ、と。

 

次に、ステージと客席の一体感。

昨年のSLTの映像を見ていても思ったけれど、A.B.C-Zのコンサートは客席との一体感がものすごい。今までのLOVE合戦の賜物なのかもしれないけれど、シンプルに彼らの曲に、手振りや声出しができる曲が多い気がするのですが、どうなんです?

 

現場におけるわたしのポリシーは「郷に入っては郷に従え」なので、それなりに予習はしていきました。

まあ元々A.B.C-Zの楽曲は好きだったからよく聞いていたけれど、今回のツアーアルバム曲も含めて、ドキナツの振りとかね。わたしの少ない脳の容量で、できる限りのことを覚えていきました。

やっぱり初めての現場に、何も知らない状況で行くのは怖いしね。これで平気かな。完璧に覚えてないけど大丈夫かな。楽しめるかな。なんて、緊張していたのもよく覚えています。

 

Reboot!!!からコンサートが始まって、Take a "5" Train、ずっとLOVEと続く。すごい!と思った。気付いたらいっぱいいっぱい声を出していた。ほんっとに楽しかったの。詳しいセトリについては言及しないけれど、A.B.C-Z初心者にも優しい構成だったなあと思います。

 

ペンライト演出もなんか、ほんとに、すごかった!映像で見ても綺麗だったけれど、やっぱり生で見ると格段に綺麗ですね!

それまでカラフルに光っていた客席から光が消えて、河合くんの「せーの!」という掛け声に合わせて赤、青、黄色、と色を変えていく。それはあまりにも綺麗な景色で。A.B.C-Zとファンがつくりあげているその景色は、どんな演出よりも、どんな照明よりも、きらきらして見えました。

最近、自動制御型のペンライトが増えてきています。自動制御型ペンライトにもいいところはあると思うのだけれど、やっぱりわたしは手動式のペンライトが好きです。だってそこには、個人の意思とグループへの愛がたくさん詰まっているから。

 

A.B.C-Zは最後に「俺たちとみんなで~?」と、こちら側を煽ってくれます。俺たちとみんなで?これすごくないですか?客席にいるみんなはA.B.C-Zのファンではなく、みーんなA.B.C-Zなんですよ。A.B.C-Zさん懐が深すぎる.....。

 

 

あと、セトリには言及しないと先述してはいたけれど、これだけ言わせてほしい。

アンコールで歌われた「サポーターズ」

応援屋は映像でしか見たことがないのですが、あの舞台に使われている楽曲っていい曲ばかりじゃないですか。わたし、その中でも「サポーターズ」が特別に好きで。ここでこの曲持ってくるの!?天才か~~~ありがとう!となりました。まじで。ありがとう。

 

 

 

僕も君に救われたんだよ。

だから遠慮なんていらないのさ

 

 

アイドルって、わたしたちファンを励ましてくれたり、応援してくれたり、時には現実を忘れさせてくれたりする存在だと思っていて。

ありがとうを伝えたいのは、届けたいのはこちら側なんですよ。いつも元気をくれてありがとう。いつも素敵なパフォーマンスを見せてくれてありがとう。たくさんの思い出をありがとう。

それなのに、彼らは「君に救われた」と歌ってくれる。そんなのこれからも彼らに向けてLOVEを投げるしかなくない?「これからも一緒に頑張っていこうね」なんて言い合える関係性素敵すぎない?

 

たくさんたくさん声に出して、こちら側に気持ちを伝えてくれるA.B.C-Zさんと、その気持ちを受け止めて、更に声を出して彼らを応援するファンの皆様が作る空間が、素敵にならないわけないよなあ、とただただ実感しました。 

 

 

さて、ここからはいちJr担としてになりますが、こんなに素敵なあったかい人たちのバックに、2年間もつかせてもらったことは、Love-tuneにとって大きな財産になると思いました。きっと色々なことを学んだんじゃないかなあ。

 

やっぱり、ジャニーズJrである以上、先輩のバックで踊ることって、とても大切な仕事だと思うんですよね。ジャニーズJrだけのコンサートや舞台、映画や外部舞台など、ジャニーズJrというコンテンツがメインカルチャーになってきているこの時代。だけれど、それでもやっぱり先輩のバックにつかせてもらえることって、本当に貴重な経験。そこでしか学べないことってたくさんある。

たくさんいるJrの中で、Love-tuneというユニットを選んでくれたA.B.C-Zさんには、らぶ担としても感謝しないといけないなあ、と思います。

 

だからこそ、感謝の意をあらわすためにも、そしてバックについているLove-tuneのためにも、わたしたちにできることってあると思うんです。だって、わたしたちファンのせいで、彼らの経験の場が奪われてしまうのは、あまりにも悲しすぎる。

 

例えば、C&Rやペンライト演出にしっかり参加すること、手振りを覚えること、グッズを買うこと。細かくいえばもっとあるのかな、と思うけれど。

あくまでも大切なのは、それが自分の意志であるということだから、強制はできないけれど、大阪公演後「らぶ担がペンラ演出に協力してくれなかった」というニュアンスのレポを見てしまって、悲しくなってしまったんですよね。

JrコーナーでCALLを歌わせてもらったときに、スタンド前列やセンター席のたくさんのペンライトが揺れているのをスタンド後列から見て、嬉しいなあと思ったから。ありがたいなあと思ったから。

優しくてあったかいA.B.C-Zさんとそのファンの方に、少しでも嫌な気持ちをさせたくないと思いました。

A.B.C-Zさんに限らずだけどね!?自分が応援してる子の先輩がつくるステージの邪魔をする、ダメなオタクにはなりたくないよね!

 

 

少し話は逸れてしまったけれど、A.B.C-Zさん、改めてデビュー5周年おめでとうございます。テレビだとどうしても伝わりにくい、きらきらアイドルな彼らが見られてとっても楽しかったです!次はA.B.C-Zさんがつくる舞台も見てみたいなあ。

 

そして、5周年という節目の、とっても大切なコンサートのバックにLove-tuneをつけてくれて、本当にありがとうございました。これからも何卒よろしくお願いします。

 

 

ずっとずっとこの幸せが続きますように。

あいをこめて。

 

1日遅れてしまったけれど。 

Love-tuneさん、1歳のお誕生日おめでとう

ほんとうは書きたいことがたくさんある。

たくさんあるんだけど、結局行き着く先は「今のLove-tuneがすき」なんだよ。

ここまでくるのにいろいろあった。

それでも、7人が今まで居た場所から手を離してまで、ここに集まってくれてよかった。と、そう思います。

 

わたしは、Love-tuneのまるっと家族みたいなところが好きで、メンバーがメンバーのことを大切に思っているんだろうなっていうのが、そこかしこに見える7人の雰囲気が好き。

誰かが悩んでいたら、みんなでどうにかしようとする。あったかいグループなんだよ。

 

そんでもって、Love-tuneのメンバーって、Love-tuneに対する想いがとても重いイメージがあって。なんというか、“ユニット”というものに対する執着が人一倍あると思うんだよ。まあそれは、最年長である安井さんが初めて所属するユニットである、というのも一因だとは思うのだけれど。

例えばメンバーがよく口にする「東京ドームで単独コンサート」ということばであったり、萩谷くんがLove-tuneのことを「うちのチーム」って表現するところであったり、真田くんが熱いメッセージや、作った曲の弾き語り動画をメンバーに送っていたりするところであったり。メンバーひとりひとりがLove-tuneのことを考えて、Love-tuneとともに未来を歩もうとしてくれている。私たちファンにとって、これほどまでに心強いことはないと思います。

先述した、“メンバーの悩みはグループのみんなでどうにかしようとする”という話にも通じるけれど、彼らの中に“7人でLove-tune”という意識が強く根付いているのがとても嬉しい。

ジャニーズ銀座のMCでも“青春”ということばをよく口にしていたけれど、これが彼らにとっての“青春”なんだろうな、と思う。Love-tuneとして活動ができるのが、ひたすらに嬉しいんだろうな。わたしもLove-tuneのファンをさせてもらえている今が、とっても幸せだよ。

 

 

それと、絶対的におかしいのが彼らの成長のスピード。この間の少年倶楽部でのCALLの再演のときも思ったけれど、「え、この短期間でここまで仕上げてくるの?」みたいな。

焦っているともとれるような、その成長速度。「これを逃したら次はないぞ」 そんな風にも見えるけれど、それもきっと彼らの魅力。

そのヒリヒリした焦燥感を、キラキラアイドルの彼らの中にひっそりと忍ばせて、ここぞというときに私たちの心をそのナイフで切りつけてくるの。ずるいね。かっこいいね。

 

 

“成長”といえば1番はやっぱり楽器なのかな、と思います。歌も踊りも魅せ方も、1年前と比べると格段にパワーアップしているのだけれど、Love-tuneLove-tuneたる所以はやっぱりバンドであると思っているので。

 

音楽隊長の萩谷くんを先頭にして、それぞれがそれぞれの方法で努力をしている。

いろんな人が 諸星くんがサックスの練習をすごく頑張っているよ って話をしてくれたり、美勇人さんは5弦ベースのお披露目までしてしまったり、真田くんはギター背負ってセッションバーに行って武者修行をしていたり、長妻くんは楽譜も読めなかったのに、ステージの上でちゃんと1曲を弾ききれるようになったね。安井さんも顕嵐くんもたくさんギターの練習をしたのだと思う。

メンバー全員が楽器を持って演奏した新曲「Make it」は、ほんとうに素敵な曲でした。

私たちの「キラキラ舞い散る幾千もの願い」とLove-tuneの「光」が繋がったら、きっと世界は変わるよ。始まりのステージに立つ日はきっとくるよ。

 

 

あのね、こんなに自慢したくなるグループないと思うんだ。ねえ知ってる?Love-tuneってこんなにアツくてかっこいいんだよ?わたしこんなにかっこいい人たちの担当をしているんだよっていろんな人に自慢したい。いろんな人に彼らの魅力を知ってほしい。それくらいに彼らは魅力的だとおもう。

 

 

シアタークリエで諸星先生にかけられた「もっともーっとLove-tuneのことが好きになる魔法」

この魔法の解き方はまだわかっていないみたいだけれど、そんなものいらないよ。

だってわたしはたぶん、これからもずっと、Love-tuneのことが大好きだから。

 

改めて、1周年おめでとう。

2周年、5周年、10周年ってこれからもお祝いできたらいいな。そして願わくば、また新しいお祝いの日ができますように。

 

we can make it whole new world.

Love-tuneなら今まで見たことない世界を、景色を見せてくれると、信じています。

 

7人の居場所が、いつまでもここであることを願って。大好きです。