読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語彙力がない

あいを つなぐ せんりつ

あいをこめて。

 

1日遅れてしまったけれど。 

Love-tuneさん、1歳のお誕生日おめでとう

ほんとうは書きたいことがたくさんある。

たくさんあるんだけど、結局行き着く先は「今のLove-tuneがすき」なんだよ。

ここまでくるのにいろいろあった。

それでも、7人が今まで居た場所から手を離してまで、ここに集まってくれてよかった。と、そう思います。

 

わたしは、Love-tuneのまるっと家族みたいなところが好きで、メンバーがメンバーのことを大切に思っているんだろうなっていうのが、そこかしこに見える7人の雰囲気が好き。

誰かが悩んでいたら、みんなでどうにかしようとする。あったかいグループなんだよ。

 

そんでもって、Love-tuneのメンバーって、Love-tuneに対する想いがとても重いイメージがあって。なんというか、“ユニット”というものに対する執着が人一倍あると思うんだよ。まあそれは、最年長である安井さんが初めて所属するユニットである、というのも一因だとは思うのだけれど。

例えばメンバーがよく口にする「東京ドームで単独コンサート」ということばであったり、萩谷くんがLove-tuneのことを「うちのチーム」って表現するところであったり、真田くんが熱いメッセージや、作った曲の弾き語り動画をメンバーに送っていたりするところであったり。メンバーひとりひとりがLove-tuneのことを考えて、Love-tuneとともに未来を歩もうとしてくれている。私たちファンにとって、これほどまでに心強いことはないと思います。

先述した、“メンバーの悩みはグループのみんなでどうにかしようとする”という話にも通じるけれど、彼らの中に“7人でLove-tune”という意識が強く根付いているのがとても嬉しい。

ジャニーズ銀座のMCでも“青春”ということばをよく口にしていたけれど、これが彼らにとっての“青春”なんだろうな、と思う。Love-tuneとして活動ができるのが、ひたすらに嬉しいんだろうな。わたしもLove-tuneのファンをさせてもらえている今が、とっても幸せだよ。

 

 

それと、絶対的におかしいのが彼らの成長のスピード。この間の少年倶楽部でのCALLの再演のときも思ったけれど、「え、この短期間でここまで仕上げてくるの?」みたいな。

焦っているともとれるような、その成長速度。「これを逃したら次はないぞ」 そんな風にも見えるけれど、それもきっと彼らの魅力。

そのヒリヒリした焦燥感を、キラキラアイドルの彼らの中にひっそりと忍ばせて、ここぞというときに私たちの心をそのナイフで切りつけてくるの。ずるいね。かっこいいね。

 

 

“成長”といえば1番はやっぱり楽器なのかな、と思います。歌も踊りも魅せ方も、1年前と比べると格段にパワーアップしているのだけれど、Love-tuneLove-tuneたる所以はやっぱりバンドであると思っているので。

 

音楽隊長の萩谷くんを先頭にして、それぞれがそれぞれの方法で努力をしている。

いろんな人が 諸星くんがサックスの練習をすごく頑張っているよ って話をしてくれたり、美勇人さんは5弦ベースのお披露目までしてしまったり、真田くんはギター背負ってセッションバーに行って武者修行をしていたり、長妻くんは楽譜も読めなかったのに、ステージの上でちゃんと1曲を弾ききれるようになったね。安井さんも顕嵐くんもたくさんギターの練習をしたのだと思う。

メンバー全員が楽器を持って演奏した新曲「Make it」は、ほんとうに素敵な曲でした。

私たちの「キラキラ舞い散る幾千もの願い」とLove-tuneの「光」が繋がったら、きっと世界は変わるよ。始まりのステージに立つ日はきっとくるよ。

 

 

あのね、こんなに自慢したくなるグループないと思うんだ。ねえ知ってる?Love-tuneってこんなにアツくてかっこいいんだよ?わたしこんなにかっこいい人たちの担当をしているんだよっていろんな人に自慢したい。いろんな人に彼らの魅力を知ってほしい。それくらいに彼らは魅力的だとおもう。

 

 

シアタークリエで諸星先生にかけられた「もっともーっとLove-tuneのことが好きになる魔法」

この魔法の解き方はまだわかっていないみたいだけれど、そんなものいらないよ。

だってわたしはたぶん、これからもずっと、Love-tuneのことが大好きだから。

 

改めて、1周年おめでとう。

2周年、5周年、10周年ってこれからもお祝いできたらいいな。そして願わくば、また新しいお祝いの日ができますように。

 

we can make it whole new world.

Love-tuneなら今まで見たことない世界を、景色を見せてくれると、信じています。

 

7人の居場所が、いつまでもここであることを願って。大好きです。

 

 

ある種のけじめとして。

 

ふと、ふと思い立ってしまったので、ずっと書きあげられずにいた担降りブログなるものを、このタイミングで公開しようとおもいます。


 
2016.12.27.

わたしは、10年以上続けてきた大野智さんの担当を降りることにしました。 降り先はジャニーズJr.内ユニットLove-tuneのメンバー真田佑馬くん。
 
いろんな細かいことが積み重なった結果、こういう決断に至ったんだと思います。
毎年のアルバム発売、それに伴った全国ツアーが行われることはとても嬉しかったし、自担の活躍は誇らしくもありました。けれど、どうせ今年も当たらないんだろうなあと考えながらツアーに応募するのはとっても辛かった。冠番組を持っていて、メディア露出も多い彼らだけれど、やっぱり生の彼らが見たかった。「逢えない時間が愛を強くする」と某A~Zのグループが歌っているけれど、それは定期的に逢えることを前提としているのだと思っていて、次はいつ彼らの歌を聞けるのかもわからない状況で、彼らへの熱量を保ち続けるのは、とても難しいことでした。


けれど、決定的な出来事はやっぱり2015年の秋に出たスキャンダル。

アイドルだから恋愛をしてはいけないとか、そんなことは考えていませんし、求めてもいません。だけれど、彼のことを応援しているファンがたくさんいる。15周年おめでとう、と涙を流してお祝いしてくれる人がたくさんいる。たくさんの人から求められているアイドルだからこそ、考えて行動しなければいけない部分はあると思います。入所から20年以上が経ち、嵐として活動を始めてから15年も経っているのにも関わらず、アイドルとしての自覚、意識が足りないような、そんな彼に絶望したし、そこから彼への気持ちが冷めていくのも感じました。ハワイでのコンサートのときに流した涙はなんだったの?ついてきてほしい、とその言葉はなんだったの?そう考えずにはいられませんでした。

 

何度も何度も悩みました。ジャニオタを辞めようかとも思った。けれど辞められなかった。もうずっとジャニーズを見て生きてきていたから、ジャニーズがないわたしの人生なんて考えられませんでした。
それならば、と思いついたのが 担降り でした。

 

ある日友人に、担降りをしたいのだけど降り先が見つからない、と相談をしたときに勧められて、少年倶楽部を見始めました。それまではずっと嵐しか見ていなかったので、ジュニアといっても、MADEやThey武道(今は宇宙sixとして活動しているけれど)といった、嵐バックについているような子たちしか知りませんでした。彼らがバックではなく、メインで、ステージの上に立って、踊って歌っている世界。その世界は思っていたよりも何倍も、何百倍も輝いていました。CDデビューこそできていないものの、彼らが持つ武器を振りかざして、精一杯に戦っている姿はあまりにも美しかった。

 

真田佑馬くんとの出会いはいつだったか、正確なことは覚えていないけれど、真田くんのことを「大勢の中のひとり」ではなくて、「ジャニーズJr.の真田佑馬」として認識したのは、いつだかの少年倶楽部で「Heavenly Psycho」を披露したときでした。透き通った声、ギターを弾く姿、そして、どこか疲れたような、けれど晴れやかな笑顔で上を見上げながら歌う真田くんに、一瞬で心を奪われて、そのあとの「Kiss魂」で、楽器を置いてガシガシ踊る彼から目が離せなくなりました。
そこからはもう早かった。真田くんのことを知りたいと思って、いろんなことを調べました。いいとも青年隊であった赤い衣装を着た彼と真田佑馬という名前が結びついたのも、このときが初めてでした。

堕ちるように真田くんに心を奪われたのに、なぜだか担降りを決意することができませんでした。たぶん、よっしゃじゃあ真田くんに担降りだ!といって勢いで降りるには、大野担歴が長すぎたのだと思います。大野さんから、嵐から与えられたものは余りにも大きかった。

 

けれど、このタイミングで幸か不幸か、2016-2017のAre You Happy?の公演に入ることができて、久しぶりにキラキラアイドルの彼らを生で見る機会がありました。何年かぶりの現場。楽しくないわけがなかった。けれど、どこかで冷静なわたしがいて、ああ、彼らのことが誰よりも好きだ、と言い切れなくなってしまったんだなあと、少し寂しくなりました。担降りを決めたのはこのタイミング。帰りの電車の中で、わたしが大好きだった頃のアルバムを聴きながら、ひっそりと涙を流して、嵐はこれで終わりにしようと、そう決めました。
 
 

真田佑馬くん。

彼に出会って、ジャニーズはわたしに幸せを与えてくれる素敵なものだということを思い出しました。たぶん、真田くんがいなかったらわたしは、辛いなあ、しんどいなあ、辞めたいなあと考えながら大野担を続けていたのだろうと思います。

普段は眠たそうなおめめでぽやぽやしているのに、楽器を持つとガラッと表情が変わるところ。歌っているときの表情がとても豊かなところ。全身を大きく使って大胆なダンスをするところ。役柄に自分の体を明け渡すように演技をするところ。

月並みなことしか言えないけれど、真田くんのすべてが好きです。

 

 

デビュー出は永遠の新規、ということばがあるけれど、既にジュニア歴13年目を迎えた彼を担当とするには、わたしはたぶん永遠の新規なんだろうと思います。

だってわたしは何も知らないから。知らなすぎるから。彼が入所して、Love-tuneというユニットに所属するまでどんな道のりを辿ってきたのか。わたしはそれを歴史としてでしか知ることができないから。

ずっと追ってきたかったと思います。当時の彼をもっと見ていたかったとも思います。当時の映像を見て、胸がひきちぎれそうになることもあります。

けれど、好きになってしまったんだもの。もう手遅れなの。

Love-tuneとして活動をする彼しか知らないけれど、それでもやっぱりこれからの彼を見続けたいと思ってしまった。そして、彼なら絶対にファンのことを未来に連れて行ってくれると、そう信じさせてくれるから。
 


ジャニーズJr.である以上、アイドルもファンも傷付かないなんてことは難しいのかもしれない。けれどこれからの真田くんの未来が笑顔のあふれる、輝かしいものであることを願っています。一緒に未来に行こうね。
 


そして、10年以上応援し続けた嵐。彼らにはほんとうに感謝しかありません。ずっとずっと彼らの曲に励まされて、元気をもらって生きてきました。わたしの青春は嵐とともにありました。個人でもグループでも、たくさんの活躍の場をもらっている彼らですが、これからもキラキラしたステージの上で輝き続けてください。今までありがとう。大好きでした。
 


 
show must go on!彼らの未来に幸あれ!

ワッショイ

 

ジャニーズJr.祭り さいたまスーパーアリーナ

個人的には横アリ公演よりも会場の温度が高くて、演者とファンの一体感がひたすらにすごかったなあ、と。

 

自担の贔屓目もあるかもしれないけど、横アリ・さいたま公演どちらにしても最強だったのはLove-tuneだと思う。あれだけの観客を一瞬にしてひきこんで、ひとつにして、巻き込んで盛り上げていくあのかんじはラブちゃんたちにしかできないんじゃないかなあと思いました。しかも選曲がよすぎるんだ…… わたしたちの需要を確実に理解して、心をかっさらっていくあのかんじ 無敵すぎてシビれる。CALLでのかけ声 hey! ってあれが特にやばかった 観客席全方位から声がきこえてたとおもう すごかったよ。

あとはもう、ただただ真田くんが楽しそうだったから、それでいいんだ。FRでV字のてっぺん?真ん中?に立って、ギターを弾きながらステップを踏む彼は、最強にかっこよかったよ。

 

他ユニの話になるけど、SixTONESもすごかった。Amagingのギラギラ感がすごく好きで、「お前らは、守るから」とそこに詰められた覚悟みたいなものに圧倒された。彼らはどちらかというと「伝わる人に伝わればいい」ってかんじのパフォーマンスをするようなイメージがあって、だからこその「着いてきてくれる奴らは守る」だったのかもしれないけど、この星のHIKARIでの大サビの大合唱は間違いなく、彼らの魅力に惹き込まれたからこそのあの瞬間だったんだと思うんだよ。

 

Travis Japanはもうほんとに魅せるグループだなあ、と。頭の先から足の先まで神経を通わせたようなあのダンスはたぶん彼らしかできない。でも山手線外回りのコスプレはしぬほどかわいかった。宮近くんのホストみたいな合いの手も好きだよ。あと、Cha-Cha-Cha チャンピオンのときののえるくんの声はとっても甘くて、はちみつを溶かしたレモネードみたいでした。そのあとのブランデーのような梶山くんのセクシーボイスも好きです。今まであまり彼らに注目して見ていなかったのもあるかもしれないけれど、今回で彼らに対するイメージはすごく変わった気がする。ひとりひとりの感情表現がとても豊かなグループだなあと思いました!

 

キンプリは本当に無敵なんだなあ。しみじみと思った。オリ曲の数もさることながら、どの曲もとてもいい曲で、彼らの魅力を存分に引き出してくれる。パフォーマンスにも気迫があふれていて、見ていると惹き込まれてしまう。カッケェな。その一言に尽きる。

 

HiHi Jetは正直あんまり詳しくないので、よくわからないけど、少し前よりも落ち着きが出てきたのかなあと思います。パフォーマンス然り、MC然り。今回わたしスタンド1列目で見させてもらってたんですけど、間近で見るとローラー履いて走ってるのってあんなに速いんですね…… あと、何回見ても猪狩部長のお辞儀の仕方がサラリーマンみたいで面白いです。

 

祭りでいちばん株をあげたのは東京B少年だね。横アリのときよりも格段に増えたB少年のうちわ。お顔の綺麗さもだけれど、彼らも結構ギラギラしたパフォーマンスをするなあという印象。喋るとまだ初々しくてとてもかわいいけれど。

佐藤龍我くんは手足長くてスタイルいいのにお顔は赤ちゃんみたいなアンバランスさがとてもいい。浮所くんは、前は周りの様子を伺いながら踊ってた印象があったのだけど、今は俺を見ろ!と言わんばかりのパフォをするなあと思った。那須くんへのちょっかいのかけ方が中学生!ってかんじでとてもかわいい。萌えます。那須くんはほんとうに顔が綺麗!美形!好きなことが野球と勉強はずるいです。岩崎くんのダンスはとても柔らかいけどメリハリがきいていて、緩急のある?ダンスをするなあという印象。藤井くんはよく周りを見てる。最年長だからかな。パフォ中の表情がとても豊かで、表現力はピカイチかなと思う。あと踊ってるときのギラギラした目が好き。野心家って感じがします。

 

今回すごく席がよくて、いろんな子にたくさん構ってもらった。ひとりひとり名前は挙げないけれど、ひとりだけ。やっぱり真田くんからもらったファンサは特別でした。目の前を通ったときに名前呼んだらパってこっち見て気づいてくれて、優しい笑顔でわたしを見ながら両手を降ってくれた。あの瞬間、世界にはわたしと真田くんしかいなかった。大好きだなあと思ったよ。

 

無駄に長々と書いてしまったけど、総じて最高の祭りだったぜ!って感じ!

ジャニーズJr.戦国時代の今、前線に立って戦い続ける彼らに声援を送り続けよう ありがとうジャニーズJr.!

ワッショーーーーーーイ!

恋をしました

 

ほんとにありきたりな言葉でしか綴れないのだけど、3月25日の2部、わたしはLove-tuneに恋をした。

あのとき、あの瞬間、大きなステージの上で華やかに踊り、歌い、楽器を弾く彼らに、わたしは、間違いなく、恋をした。

 

 だって、パフォーマンス中のみんなが、とっても楽しそうだったんだもの。みんなが紡ぐ詩ひとつひとつや、みんなが奏でる1音1音にすき!たのしい!がたくさんつまってて、これがLove-tuneLove-tuneたる所以なんだなあとすごく実感したし、その瞬間に感じたきもちには「恋をした」という表現がぴったりだと。そうおもうんだ。

 

ラブトラコラボのときに、森田くんがトラジャのパフォに行く前にラブのメンバーに「じゃあ俺、あっち行ってくるわ」みたいな仕草したときにラブのメンバーは、「いってらっしゃーい」ってかんじで手を振っていてね。

ラブのメンバーは、森田くんが必ず自分たちのもとに帰ってくるって信じてるんだなあっておもった。

7人が7人であることに誇りを持っていて、メンバー同士の圧倒的な信頼感があるからこそ、ああやって会場を巻き込めるパフォーマンスができるのだとおもうんだよ。

 

みんな個人でお仕事をできる力を持ってる。それをちゃんとグループに還元しようとするきもちも持ってる。

 

恋をしてしまったからには見届けなければ終われない。

愛すべきLove-tuneに、輝かしい未来が待っていますように!