読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語彙力がない

あいを つなぐ せんりつ

ワッショイ

 

ジャニーズJr.祭り さいたまスーパーアリーナ

個人的には横アリ公演よりも会場の温度が高くて、演者とファンの一体感がひたすらにすごかったなあ、と。

 

自担の贔屓目もあるかもしれないけど、横アリ・さいたま公演どちらにしても最強だったのはLove-tuneだとおもう

あれだけの観客を一瞬にしてひきこんで、ひとつにして、巻き込んで盛り上げていくあのかんじはラブちゃんたちにしかできないんじゃないかなあとおもいました

しかも選曲がよすぎるんだ…… わたしたちの需要を確実に理解して、心をかっさらっていくあのかんじ 無敵すぎてシビれる

CALLでのかけ声 hey! ってあれが特にやばかった 観客席全方位から声がきこえてたとおもう すごかったよ

あとはもう、ただただ真田くんが楽しそうだったから、それでいいんだ。

FRでV字のてっぺん?真ん中?に立って、ギターを弾きながらステップを踏む彼は、最強にかっこよかったよ

 

他ユニの話になるけど、SixTONESもすごかったとおもう 

Amagingのギラギラ感がすごく好きで、「お前らは、守るから」とそこに詰められた覚悟みたいなものに圧倒された

彼らはどちらかというと「伝わる人に伝わればいい」ってかんじのパフォーマンスをするようなイメージがあって、だからこその「着いてきてくれる奴らは守る」だったのかもしれないけど、この星のHIKARIでの大サビの大合唱は間違いなく、彼らの魅力に惹き込まれたからこそのあの瞬間だったんだとおもうんだよ

 

Travis Japanはもうほんとに魅せるグループだなあ、と。

頭の先から足の先まで神経を通わせたようなあのダンスはたぶん彼らしかできない。でも山手線外回りのコスプレはしぬほどかわいかった。宮近くんのホストみたいな合いの手も好きだよ。あと、Cha-Cha-Cha チャンピオンのときののえるくんの声はとっても甘くて、はちみつを溶かしたレモネードみたいでした。そのあとのブランデーのような梶山くんのセクシーボイスもよかったと思います。

今まであまり彼らに注目して見ていなかったのもあるかもしれないけれど、今回で彼らに対するイメージはすごく変わった気がする。ひとりひとりの感情表現がとても豊かなグループだなあと思いました!

 

キンプリは本当に無敵なんだなあ。しみじみと思った。

オリ曲の数もさることながら、どの曲もとてもいい曲で、彼らの魅力を存分に引き出してくれる。パフォーマンスにも気迫があふれていて、見ていると惹き込まれてしまう。カッケェな。その一言に尽きる。

 

HIHI Jetは正直あんまり詳しくないので、よくわからないけど、少し前よりも落ち着きが出てきたのかなあと思います。パフォーマンス然り、MC然り。今回わたしスタンド1列目で見させてもらってたんですけど、間近で見るとローラー履いて走ってるのってあんなに速いんですね…… あと、何回見ても猪狩部長のお辞儀の仕方がサラリーマンみたいで面白いです。

 

祭りでいちばん株をあげたのは東京B少年だね。横アリのときよりも格段に増えたB少年のうちわ。お顔の綺麗さもだけれど、彼らも結構ギラギラしたパフォーマンスをするなあという印象。喋るとまだ初々しくてとてもかわいいけれど。

佐藤龍我くんは手足長くてスタイルいいのにお顔は赤ちゃんみたいなアンバランスさがとてもいい。好みです。

浮所くんは、前は周りの様子を伺いながら踊ってた印象があったのだけど、今は俺を見ろ!と言わんばかりのパフォをするなあと思った。那須くんへのちょっかいのかけ方が中学生!ってかんじでとてもかわいい。萌えます。

那須くんはほんとうに顔が綺麗!美形!好きなことが野球と勉強はずるいです。

岩崎くんのダンスはとても柔らかいけどメリハリがきいていて、緩急のある?ダンスをするなあという印象

藤井くんはよく周りを見てる。最年長だからかな。パフォ中の表情がとても豊かで、表現力はピカイチかなと思う。あと踊ってるときのギラギラした目が好き。野心家って感じがします。

 

今回すごく席がよくて、いろんな子にたくさん構ってもらった。ひとりひとり名前は挙げないけれど、ひとりだけ。やっぱり真田くんからもらったファンサは特別でした。目の前を通ったときに名前呼んだらパってこっち見て気づいてくれて、優しい笑顔でわたしを見ながら両手を降ってくれた。あの瞬間、世界にはわたしと真田くんしかいなかった。大好きだなあと思ったよ。

 

無駄に長々と書いてしまったけど、総じて最高の祭りだったぜ!って感じ!

ジャニーズJr.戦国時代の今、前線に立って戦い続ける彼らに声援を送り続けよう ありがとうジャニーズJr.!

ワッショーーーーーーイ!

現場があるということ

 

もともとわたしは、とあるデビュー組を担当としていました。

少なくとも年に一度は必ずツアーをしてくれるけれど、そのチケットをとることはとても難しくて

何年かに一度、現場に行けたらいいかな、くらいのそんなスタンスでオタクをしていたのです。

 

ここ最近、ジュニアの現場に行きすぎて、その感覚がわからなくなってきた。

1年ほど前に、そのデビュー組から担降りをしたので、今のわたしは真田佑馬担としてジュニアの現場に軽率に足を運んでいるのだけど、

現場に行けないのが当たり前 だった世界から、行こうと思えば現場に行ける 世界へと足を踏み入れてしまったら最後、わたしの彼らに対する熱量は冷める隙すら与えられない。

 

「逢えない時間が愛を強くする」と、歌った曲があるけれど、それは定期的に会いに行ける(現場がある)ということが前提ってこと。

 

担降りしてから、現場がある幸せをとても味わっています。

 

 

 

恋をしました

 

ほんとにありきたりな言葉でしか綴れないのだけど、3月25日の2部、わたしはLove-tuneに恋をした。

あのとき、あの瞬間、大きなステージの上で華やかに踊り、歌い、楽器を弾く彼らに、わたしは、間違いなく、恋をした。

 

 だって、パフォーマンス中のみんなが、とっても楽しそうだったんだもの。みんなが紡ぐ詩ひとつひとつや、みんなが奏でる1音1音にすき!たのしい!がたくさんつまってて、これがLove-tuneLove-tuneたる所以なんだなあとすごく実感したし、その瞬間に感じたきもちには「恋をした」という表現がぴったりだと。そうおもうんだ。

 

ラブトラコラボのときに、森田くんがトラジャのパフォに行く前にラブのメンバーに「じゃあ俺、あっち行ってくるわ」みたいな仕草したときにラブのメンバーは、「いってらっしゃーい」ってかんじで手を振っていてね。

ラブのメンバーは、森田くんが必ず自分たちのもとに帰ってくるって信じてるんだなあっておもった。

7人が7人であることに誇りを持っていて、メンバー同士の圧倒的な信頼感があるからこそ、ああやって会場を巻き込めるパフォーマンスができるのだとおもうんだよ。

 

みんな個人でお仕事をできる力を持ってる。それをちゃんとグループに還元しようとするきもちも持ってる。

 

恋をしてしまったからには見届けなければ終われない。

愛すべきLove-tuneに、輝かしい未来が待っていますように!