語彙力がない

あいを つなぐ せんりつ

夢の中で息を止めた

 

どこに吐けばいいのかわからなかったので、ここに吐かせてください。
これは、ただのオタクのひとりごとです。

 

 

************************************


わたしが彼から降りることを決意したあの日
わたしは何を考えていたんだろう、何を感じたんだろう

公演がおわって、電車の中で担降りを決意して、流れる涙のわけもわからぬまま、家に帰った。とにかく放心状態で、日課の日記をつけることすら忘れていたから、そのときのわたしのきもちはもうわからない。わからないけれど、何事も感情のままに動くわたしのことだから、本能的にわたしのきもちはもう、彼らにはないんだろうな。と、そう感じたんだと思うんだ。

以前あげた担降りブログには「彼らのことが誰よりも好きだ、と言いきれなくなった」と記述があるけれど、

 

ある種のけじめとして。 - 語彙力がない

 

それってとても大切なことだと思う。自担に対する熱量が保てていない状況で、「担当」を名乗るのってどうなの?それはもはや「担当」ではなくて「お茶の間のファン」と同じではないの?
だからわたしは、担降りをして、彼に関してはあくまでも「ファン」という立場でいようと思った。彼のことを嫌いになったわけではなかったし、彼らのパフォーマンスはやっぱり好きだったから。

そうやって、うまいこと担降りしたと思ってた。そう思い込んでた。


わたしは映像化の告知があったその日に、ちゃっかり予約をしていました。わたしの席がステージサイドで、メンステで何が行われていたのかがあまり見えなくて、それをちゃんと正面から見たかったから。

そうして、手に入れたコンサートDVD。正直すごくわくわくしてた。ステージサイドすぎて登場の様子すらちゃんと見られなかったし、端っこからでもすごく綺麗だった照明を、真ん中から、俯瞰から見たらどれだけ綺麗なんだろう?って、発売がすごく楽しみだったんだ。

いざ、本編ディスクを再生してみて、わたしが感じたのは「なんかしっくりこない」でした。
何が、どうしてしっくりこないのかはわからなかった。見終わったわたしは泣いていた。

とっても素敵なコンサートだったんだよ。キラキラしてて、楽しくて、愛と幸せがたくさん詰まったコンサートだった。だけど、なぜかしんどかった。なぜか胸が苦しくなった。苦しくて苦しくて、たぶんわたしはもう二度とこのディスクを再生することはないんだろうな、と思いました。

担降りすることは成功したけれど、どうやらわたしは彼に対する気持ちをうまく消化できていなかったらしい。
「そういえばこんなこともあったな〜」なんて、笑って話せるようになるまでまだ時間が必要なのかもしれない。そんな日が本当にくるのかはわからないけど。

 

少し気持ちが落ち着いたら、アリーナツアーの映像を見ます。わたしは何を感じるのかな。

 

 

 

ある種のけじめとして。

 

ふと、ふと思い立ってしまったので、ずっと書きあげられずにいた担降りブログなるものを、このタイミングで公開しようとおもいます。


 
2016.12.27.

わたしは、10年以上続けてきた大野智さんの担当を降りることにしました。 降り先はジャニーズJr.内ユニットLove-tuneのメンバー真田佑馬くん。
 
いろんな細かいことが積み重なった結果、こういう決断に至ったんだと思います。
毎年のアルバム発売、それに伴った全国ツアーが行われることはとても嬉しかったし、自担の活躍は誇らしくもありました。けれど、どうせ今年も当たらないんだろうなあと考えながらツアーに応募するのはとっても辛かった。冠番組を持っていて、メディア露出も多い彼らだけれど、やっぱり生の彼らが見たかった。「逢えない時間が愛を強くする」と某A~Zのグループが歌っているけれど、それは定期的に逢えることを前提としているのだと思っていて、次はいつ彼らの歌を聞けるのかもわからない状況で、彼らへの熱量を保ち続けるのは、とても難しいことでした。


けれど、決定的な出来事はやっぱり2015年の秋に出たスキャンダル。

アイドルだから恋愛をしてはいけないとか、そんなことは考えていませんし、求めてもいません。だけれど、彼のことを応援しているファンがたくさんいる。15周年おめでとう、と涙を流してお祝いしてくれる人がたくさんいる。たくさんの人から求められているアイドルだからこそ、考えて行動しなければいけない部分はあると思います。入所から20年以上が経ち、嵐として活動を始めてから15年も経っているのにも関わらず、アイドルとしての自覚、意識が足りないような、そんな彼に絶望したし、そこから彼への気持ちが冷めていくのも感じました。ハワイでのコンサートのときに流した涙はなんだったの?ついてきてほしい、とその言葉はなんだったの?そう考えずにはいられませんでした。

 

何度も何度も悩みました。ジャニオタを辞めようかとも思った。けれど辞められなかった。もうずっとジャニーズを見て生きてきていたから、ジャニーズがないわたしの人生なんて考えられませんでした。
それならば、と思いついたのが 担降り でした。

 

ある日友人に、担降りをしたいのだけど降り先が見つからない、と相談をしたときに勧められて、少年倶楽部を見始めました。それまではずっと嵐しか見ていなかったので、ジュニアといっても、MADEやThey武道(今は宇宙sixとして活動しているけれど)といった、嵐バックについているような子たちしか知りませんでした。彼らがバックではなく、メインで、ステージの上に立って、踊って歌っている世界。その世界は思っていたよりも何倍も、何百倍も輝いていました。CDデビューこそできていないものの、彼らが持つ武器を振りかざして、精一杯に戦っている姿はあまりにも美しかった。

 

真田佑馬くんとの出会いはいつだったか、正確なことは覚えていないけれど、真田くんのことを「大勢の中のひとり」ではなくて、「ジャニーズJr.の真田佑馬」として認識したのは、いつだかの少年倶楽部で「Heavenly Psycho」を披露したときでした。透き通った声、ギターを弾く姿、そして、どこか疲れたような、けれど晴れやかな笑顔で上を見上げながら歌う真田くんに、一瞬で心を奪われて、そのあとの「Kiss魂」で、楽器を置いてガシガシ踊る彼から目が離せなくなりました。
そこからはもう早かった。真田くんのことを知りたいと思って、いろんなことを調べました。いいとも青年隊であった赤い衣装を着た彼と真田佑馬という名前が結びついたのも、このときが初めてでした。

堕ちるように真田くんに心を奪われたのに、なぜだか担降りを決意することができませんでした。たぶん、よっしゃじゃあ真田くんに担降りだ!といって勢いで降りるには、大野担歴が長すぎたのだと思います。大野さんから、嵐から与えられたものは余りにも大きかった。

 

けれど、このタイミングで幸か不幸か、2016-2017のAre You Happy?の公演に入ることができて、久しぶりにキラキラアイドルの彼らを生で見る機会がありました。何年かぶりの現場。楽しくないわけがなかった。けれど、どこかで冷静なわたしがいて、ああ、彼らのことが誰よりも好きだ、と言い切れなくなってしまったんだなあと、少し寂しくなりました。担降りを決めたのはこのタイミング。帰りの電車の中で、わたしが大好きだった頃のアルバムを聴きながら、ひっそりと涙を流して、嵐はこれで終わりにしようと、そう決めました。
 
 

真田佑馬くん。

彼に出会って、ジャニーズはわたしに幸せを与えてくれる素敵なものだということを思い出しました。たぶん、真田くんがいなかったらわたしは、辛いなあ、しんどいなあ、辞めたいなあと考えながら大野担を続けていたのだろうと思います。

普段は眠たそうなおめめでぽやぽやしているのに、楽器を持つとガラッと表情が変わるところ。歌っているときの表情がとても豊かなところ。全身を大きく使って大胆なダンスをするところ。役柄に自分の体を明け渡すように演技をするところ。

月並みなことしか言えないけれど、真田くんのすべてが好きです。

 

 

デビュー出は永遠の新規、ということばがあるけれど、既にジュニア歴14年目を迎えた彼を担当とするには、わたしはたぶん永遠の新規なんだろうと思います。

だってわたしは何も知らないから。知らなすぎるから。彼が入所して、Love-tuneというユニットに所属するまでどんな道のりを辿ってきたのか。わたしはそれを歴史としてでしか知ることができないから。

ずっと追ってきたかったと思います。当時の彼をもっと見ていたかったとも思います。当時の映像を見て、胸がひきちぎれそうになることもあります。

けれど、好きになってしまったんだもの。もう手遅れなの。

Love-tuneとして活動をする彼しか知らないけれど、それでもやっぱりこれからの彼を見続けたいと思ってしまった。そして、彼なら絶対にファンのことを未来に連れて行ってくれると、そう信じさせてくれるから。
 


ジャニーズJr.である以上、アイドルもファンも傷付かないなんてことは難しいのかもしれない。けれどこれからの真田くんの未来が笑顔のあふれる、輝かしいものであることを願っています。一緒に未来に行こうね。
 


そして、10年以上応援し続けた嵐。彼らにはほんとうに感謝しかありません。ずっとずっと彼らの曲に励まされて、元気をもらって生きてきました。わたしの青春は嵐とともにありました。個人でもグループでも、たくさんの活躍の場をもらっている彼らですが、これからもキラキラしたステージの上で輝き続けてください。今までありがとう。大好きでした。
 


 
show must go on!彼らの未来に幸あれ!